東播磨青少年本部

東播磨地区子ども会議

趣旨・目的

東播磨地区子ども会議 明日の東播磨を担う子どもたちが一堂に会して、学校や家庭では得ることのできない活動を体験し、人間的な係わりを深める中で、互いに共感しあえる感性を磨きあい、主体的で創造的な人間性を育むことを目的として開催しています。
 (*東播磨地区子ども会連絡協議会と共催)

令和元年度の開催概要

 第23回子ども会議は、豊かな自然に囲まれた加古川市立少年自然の家を舞台に「逃走中」・「木工工作」の体験活動を通じて、自然に触れて・感じて・試して考えることで地域に対する関心と愛着を育み、自然への興味を深め、地域や学校を超えた仲間と交流・体験をすることで、お互いを理解し、協力し合う姿勢を育みます。

開催日時

令和元年12月21日(土) 10:00~15:30

開催場所 加古川市立少年自然の家
主催 東播磨地区子ども会連絡協議会、東播磨青少年本部
後援 兵庫県東播磨県民局、兵庫県教育委員会播磨東教育事務所、加古川市教育委員会、神戸新聞社

令和元年度の開催結果

 当日は、東播磨地域の小学生90名が参加。 8班に分かれて団体行動をしました。
 オリエンテーションで自己紹介しあい緊張をほぐした後、団体戦鬼ごっこ(逃走中)で体を動かし、自然の中で思いっきり遊ぶことの楽しさを体験しました。ハンター(鬼)は中学生から大学生の11名がボランティアとして参加していただき、人気テレビ番組と同様にサングラス着用で俊敏な動きを披露していただきました。
 また、木工工作では、自然の家内の様々な植物を利用し班の仲間と一生懸命色に作業して素敵な写真たての作品が出来上がりました。
 参加した子どもたちからは、「新しい友達ができた。」「逃走中では、班のメンバーと団結してミッションをクリアすることができた。」、「木工工作では、松ぼっくりをはじめ色んな植物を活用できて本当に良かった。」など、感想をいただきました。自然と地域に対する興味が深まった一日となったことでしょう。

会議の模様

東播磨地区子ども会議 東播磨地区子ども会議

過去の実施結果

ページのトップへ