東播磨青少年本部

東播磨青少年本部の概要

 東播磨青少年本部は、多様な青少年健全育成活動を推進し、明日の兵庫を担う心身ともに健全な青少年の育成を図ることを目指す公益財団法人兵庫県青少年本部の地方本部として設置されています。

 東播磨青少年本部では、「未来をひらく少年会議」、「中学生の弁論大会」など、他地域に先んじた様々な事業を行い、東播磨地区の青少年健全育成の取り組みを展開しています。

ごあいさつ

東播磨青少年本部長 塩澤岩光

 「大人が変われば子どもも変わる」運動!「まず大人が変わろう」

 本年度も東播磨青少年本部の自主事業で、「大人が変われば子どもも変わる運動」街頭啓発キャンペーンを11月8日にJR明石駅周辺で実施しました。構成団体のみなさんを始め、20団体60名に近い多数の方々に参加頂きました。多くの方のご協力にこころから感謝申し上げます。8月4日には、この運動の一環として加古川市教育委員会と共催でJR加古川駅周辺街頭啓発キャンペーンを実施しました。これにも大変多くの各種団体のみなさんに参加頂きました。連日の猛暑の中でのご協力ありがとうございました。

 さらに11月初めには、500人委員東播磨OB会の手により、高砂地区がJR宝殿駅周辺、加古川がJR加古川駅周辺、稲美がJR土山駅北側周辺、播磨がJR土山駅南側周辺で行って頂いています。

 「大人が変われば子どもも変わる運動」は東播磨では、地域を上げて取り組んで頂いています。キャンペーンの中心は、ティシュ配りです。多くの参加者が通行人に配ってくれています。ティシュには、「兵庫のマナーは東播磨から 大人が変われば子どもも変わる 青少年の健やかな成長のためには、大人が変わって行くことが必要です」とあります。

 子どもたちの育成指針として「ひょうご青少年憲章」があります。大人もこれに学び変わって行かなくてはならないと思っています。ぜひここをクリックして、この憲章に目を通して頂きますようにお願い致します。 

沿革

昭和43年 青少年団体と行政により構成する「兵庫県青少年本部」を設立
昭和52年 地域に密着した青少年活動の活性化を図るため、6つの「地方青少年本部」の各県民局への設置に伴い、東播磨青少年本部設置
平成13年 県民局の再編に伴い、それまでの東播磨青少年本部から北播磨地域を分離(北播磨青少年本部を新たに設置)

アクセス

【アクセス】

●JR加古川駅から南東へ徒歩約10分

●山陽電車浜の宮駅下車、かこバス加古川駅行きで、
 加古川商工会議所前下車。徒歩2分。

※ 駐車台数に限りがありますので、公共交通機関での ご来場にご協力ください。

ページのトップへ