東播磨青少年本部

東播磨青少年本部の概要

 東播磨青少年本部は、多様な青少年健全育成活動を推進し、明日の兵庫を担う心身ともに健全な青少年の育成を図ることを目指す公益財団法人兵庫県青少年本部の地方本部として設置されています。

 東播磨青少年本部では、「未来をひらく少年会議」、「中学生の弁論大会」など、他地域に先んじた様々な事業を行い、東播磨地区の青少年健全育成の取り組みを展開しています。

ごあいさつ

東播磨青少年本部長 塩澤岩光

 『東播磨青少年本部では、「大人が変われば子どもも変わる運動」をはじめ、「少年の主張東播磨大会」「子ども会議」など、皆様からいただいた賛助会費により様々な自主事業を実施しています。

 その中の「未来をひらく少年会議」は、21世紀の東播磨、北播磨を支えていく中学生、高校生が一堂に会し意見交換するなかで、自分たちの地域や未来について考え、行動する意欲と態度を養おうというものです。

 この取組も昭和55年から始め、今年で37回目を迎えました。青少年をはじめ社会的課題となっているインターネットトラブル対策として、8月27日に嬉野台生涯教育センタ―で「地域に広めよう!ネット利用のルールづくり」をテーマに開催しました。

 基調講演ではトラブル防止・健康被害の懸念から、ルールづくりの必要性を再認識し、ワークショップでは自分たちが作った・実践しているルール・マナーを大人や地域にどのように伝えるかについて、話し合いました。子どもたちは他から学ぶものがあること、大人は子ども目線から教わることなどを感じ取りました。

 このような活動は、青少年本部が子どもたちの健全育成のために結集した組織であればこそ可能であると思います。自主事業は、個人や企業団体に賛助会に加入頂き、その浄財によって実現出来ています。

 これまでの皆様のご協力に感謝しますとともに、青少年本部の活動を通じ、地域の力を合わせてみんなで、子どもたちを健やかに育てましょう。

沿革

昭和43年 青少年団体と行政により構成する「兵庫県青少年本部」を設立
昭和52年 地域に密着した青少年活動の活性化を図るため、6つの「地方青少年本部」の各県民局への設置に伴い、東播磨青少年本部設置
平成13年 県民局の再編に伴い、それまでの東播磨青少年本部から北播磨地域を分離(北播磨青少年本部を新たに設置)

アクセス

【アクセス】

●JR加古川駅から南東へ徒歩約10分

●山陽電車浜の宮駅下車、かこバス加古川駅行きで、
 加古川商工会議所前下車。徒歩2分。

※ 駐車台数に限りがありますので、公共交通機関での ご来場にご協力ください。

ページのトップへ